2005年02月12日

コブクロに、酔う。

今日はまたまた白川郷までドライブ。
PCに入ってたMP3を適当にかき集めてコブクロメドレーを作成して出かけましたよ。
が、後半の選曲…というか曲順間違えて車内で吐血。

(前半略)
missyou

そばにいれるなら

雪の降らない街

You

ANSWER



永遠にともに(シメ)

真ん中あたりにしっとりしたパート作って、Youあたりからちょっとずつ明るくする感じで…って考えてたんですが、

聴いてみたら全然明るくなってねぇー!!

そらお酒2本も買ってしまうってもんですよ。
(自業自得)
今日は、白川郷限定の濁り酒で酔ってやります。
ちなみに、どぶろく祭の時に使う盃で呑んでおります。
どぶろく祭に振る舞われるものに比べると、甘みが少なくサラサラしてます。
最近甘口のお酒に嗜好が傾き始めた事もあり、あのドブロクの味を期待していたので、少し(´・ω・`)ガッカリ・・・
不勉強で恐縮な話なのですが、
濁り酒=合法的に販売しているどぶろく、と考えていいのでしょうか?
"どぶろく"の商品名で濁り酒を販売しているのをよく見かけますが。
教えて、エロい人(酩酊
posted by 青年 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

牛丼如きで普段来てな(ry

さて、今日、一日限定の牛丼食いに吉野家へゴー。
間違いなく混雑してると思われたので、時間ずらして午後2時くらいに。
そしたら、駐車場がいっぱいで入れない。
入り口から行列があふれてる。
ご年配やら子供連れのオバちゃんやら、普段あんまり吉野家じゃ見ない客層での行列が。
しかも妙に殺伐としてる。
オバちゃんが「大盛は無いの?!大盛はァ?!」って店員に叫んでる。
オッサンが「まだ席あかねぇのかよー。あそこだめなんかよ」って店員にカラんでる。
その怒号にびっくりした赤ちゃんが泣き出した。
おまいら、モチツケ( ゚д゚)ノ○ チンセイザイ ドゾー
つい、吉野家コピペが脳裏をよぎる。

もうね、お前ら、アホかと。馬鹿かと。
お前ら、牛丼如きで普段来てない吉野家来てんじゃねーよ。
普段、すき家とか行ってんのか、と。
普段、豚丼食いに吉野家来てんのか、と。
牛丼販売中止になる前に、牛丼食ってたのか、と。
問いたい、問い詰めたい、小一時間問い詰めたい。

で、ジリジリしてたらやっと座れた。
そしたら、さっき叫んでたオバちゃんが大盛食べて、
「あらー、大盛って言ってもご飯ばっかり多いやないのー」
吉野家で"大盛"っつったら、ご飯だけ1.5倍なんだよ!

で、しばらくしたら、今度は、筋向いの爺さんが、
「おぃ〜、大盛頼んだのにこれ並じゃないんか。取り替えてくれんか」
って言い出した。
いや、爺さん、それもう半分以上食っとるやないか!!
気づくならもっとはよ気づけや!!

で、俺が食ってたら、並盛食い終わった隣のオッサンが、
「牛皿持ち帰りで4個〜。」
今日は、牛丼だけの日なの!
さらに、牛丼でもお一人様4人前までなの!
書いてあるんやから読め!
貴重な牛肉を占有しようとすな!


てな感じで、全くもってひどい有様の吉野家でした。
店員も、忙しいのと普段と毛色の違う客層のせいか、半パニック&半ギレ状態。
お気の毒様です…利益率も低かろうに。
牛丼自体は非常に美味しかったです。
やはり吉野家の牛丼は違う。
牛丼如きで普段来てな(ry ともあながち言えないものがある。
完全復活はいつの日か。


あと、別にいいけど、ネギだくを頼もうとしたヤツがいたのはびっくりした。
お前、よりによって今日それか、と。
posted by 青年 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

吉野家牛丼復活。

明日11時から一日限定で吉野家の牛丼復活ですよ。
一年前の発売中止の日も並んだ青年です。
冷静に考えれば、牛丼が一生食えない訳でもなんでもなく。
すき屋とか行けば食える訳でもあるのですが。
吉野家の牛丼はやはり別物。
(すき屋の接客レベルの低さが耐え難いというのもある)
頑張って並んでみようかな。

posted by 青年 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

スパロボα、第三次に。

第3次スーパーロボット大戦(PS2)発表、ガンダムSEED参戦…か_| ̄|○
このシリーズにはFFやDQよりも長くお世話になっておるのですが。
シナリオの陳腐化、萌えヲタ・腐女子への迎合と、近年どんどんアレになっていく…。
まぁガンダムSEEDが物語としては最低なのは確定とは言え、最近のスパロボのシナリオも似たようなもんだから別にいいか…。
感情で戦略を決定・平和を謳いながら皆殺し・核を使う敵は許せんって言いながらいつの間にか核ミサイル搭載っていう偽善ドラマになってるから。
本当は殺したくないのに!僕は悪くない!って自己弁護するSEEDと親和性高そうだ。
このシリーズもさすがに高年齢層離れが始まる予感。

私はSEED機体使用せずにプレイしたく思います。
(結局、買うつもり)

てか、SEEDが出るって事は、スパロボでTMRの曲が流れるって事なのか?



posted by 青年 at 22:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

風雲幕末伝などやりながら。

青年です・・・金沢は雪降りすぎです・・・。

青年です・・・大雪の中を運転してるとやたら気力消費します・・・。

青年です・・・帰宅後に更新する気力が残りません!!

青年です・・・青年です・・・青年です・・・。


そういうわけで、更新がごぶさたになりました。
あまりの寒さに熟睡できず、誘惑に負けてコタツで眠って風邪をひきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


あ、風雲幕末伝を一通りクリアしました。
倒幕編と佐幕編があるのですが、倒幕編の主人公はいただけない。
土佐勤皇党→奇兵隊→坂本竜馬に影響を受けて開国派として渡欧、と複数の組織を転々とするのですが、その乗り換えっぷりにケジメが無い。
時流の尻馬に乗っかってるようにしか見えない。
とにかく、乗り換えるにしても、一貫した思想が無い。
というわけで、イマイチ。
逆に、佐幕編の主人公の男前っぷりは際立ってます。
最初から徹頭徹尾、新撰組隊士。
局中法度あるからと言うなかれ。
序盤では「幕府の為」と言って一歩引いたスタンスでいたのが、中盤から最終局面に向けて、新撰組そして仲間達の為に戦うようになっていき、またその描き方が露骨でなくてよい。
あからさまな腐女子向け描写も無いし
倒幕編でも、佐幕編主人公は株上げまくり。
てか、明らかに新撰組の方に力入れてる気がしますな。
まぁ、風雲新撰組の続編だから、自然、新撰組についての描写はツッコンだものになるのも当然ですが。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


私の近況なんてそんな感じです。
別にくやし・・・クリャーー!!
posted by 青年 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

金沢の天気。

昨晩は富山で飲み倒し、明け方の電車にて帰宅せり。
テンション高いととんでもない量を飲めるのは、人体の七不思議の一つだと思います、はい。

北陸地方の冬はノイローゼになるほど晴れの日が少なく、また、晴れていてもどこか薄曇りの様であって、からっと晴れるという事がまずないのですが。
今日は雲一つ無い快晴。
しかも風が暖かく、どこかに春の気配。

(びびる大木のアメリカンジョークネタ風に)
俺ハ言ッタノサ。
『ヘイ聞イテクレヨ、ジミー。金沢ガコノ季節ニ快晴ナンダッテサァ。』
ソシタラジミーガ、
『ソリャァ兄弟、雪が降ルゼ』
ダッテサ。
HAHAHAHAHAHA!!

本当に雪みたいです(汗)
posted by 青年 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月27日

蒼天航路のせい。

風雲幕末伝に加え、蒼天航路にハマったので時間がありません!!
久々のマンガ大人買いの快感。
この勢いでバリバリ伝説も買いかねん。
posted by 青年 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

富山輸入車ショー・・・_| ̄|○

富山輸入車ショーに行ってまいりました。
「世界ラリーの最高峰、WRCマシンもやってくる!」というCMに釣られて。
ショーとは名ばかりで展示即売会みたいなもんでしたが。
立っているのはディーラーの販売員ばかり。
女ッ気ゼロな上に、貧乏人には声もかけてきやがらねぇ。
…そんな自動車ショーあるかぁ!(つД`)
カーヲタクの「カタログください(*´д`*)ハァハァ」に暖かくお答えしやがれ!

入場者の内訳は、普通の車好き20%、マニア10%、マイカー検討の夫婦70%ってトコ。
うぉぉぉ、今まで行った自動車ショーとは明らかに違う客層。
富山県民はお金持ちなのか?
ゴム長靴履いたそこらのおっちゃんぽい人が「このベンツ、コンプレッサー(ターボモデルの事)は無いんけ?」とか専門用語使いながら販売員と話してるし。
やっぱ世の中にはこういうお金持ちおるんやなぁ…。

客寄せパンダのWRCマシンは、プジョーの先代マシン・206WRCと現行307WRCが来てましたが、307WRCの方は外装だけ仕立てたレプリカ。
まぁ北陸くんだりまで持ってくるような余裕ないよな…orz
206WRCの方は…外装・内装を確認した限りでは本物ぽかったです(*´д`*)ハァハァ
posted by 青年 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

種死に今度はグフ登場・・・。

グフイグナイテッド
http://www.sunrise-anime.jp/sunnews/main.php?offset=0#738

・・・_| ̄|○・・・死にたい・・・

西川貴教もガンヲタ自称するなら仕事選んでくれ・・・。


福田は聖なる唯一のガンダムを汚して生き残ろうとしている。
我々はその愚かしさを福田と嫁に教えねばならんのだ。
グフは、諸君らの甘い考えを目覚めさせるために、死んだ!
種死はこれからである。
我々の軍備はますます復興しつつある。
種死とてこのままではあるまい。
諸君のホワイトベースもザクも、福田の無思慮な演出の前にパクられていったのだ。
この悲しみも怒りも忘れてはならない!
それをグフは死を以って我々に示してくれたのだ!
我々は今、この怒りを結集し、福田に叩きつけて初めて真の勝利を得ることが出来る。
この勝利こそ、パクられたネタ全てへの最大の慰めとなる。
国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!
ガンヲタは諸君等の力を欲しているのだ。
ジーク・ジオン!!


つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
続きを読む
posted by 青年 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

_| ̄|○

衆人環視の下、コートをドアに挟まれて二駅過ごした。。


posted by 青年 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

まだ募金できてません(汗)

カープファンは本当に変態だとつくづく思う今日この頃。

今、カープの本拠地である広島市民球場に変わる新球場の建設が検討されている。
施設の老朽化が進み、施設自体が時代遅れとなっている事ももちろんだが、揺れる球界再編問題の荒波の中で、広島カープの存在をPRする為にも必要だという声が合ったからである。
しかし、広島カープは球界有数の貧乏球団。
そんなお金があるなら他に使いたいところがたくさんある。
江藤が出て行く事も無かったし、二岡がドタキャンで広島を振る事もなかった。
永川が使われすぎて持病の腰を再発させる事も、川口が巨人に行って埋没する事もなかったんだぞ!多分。
(小早川がヤクルトに行って見事息を吹き返したのは秘密。)
ともかく、新球場を作るお金なぞ官民ぐるっと見渡してもなかなか見つからない。

そういった事態に対して、マスコミを中心とした地元有志が、新球場建設に弾みをつける為の募金活動を開始した。
それが、たる募金である。


つう事で、11月に始まったたる募金は今日時点で20,471,285円。
表記を直すと、2000万円超。
2ヶ月強でこの数字。
カープファンは愛すべき変態です。
てか、中国新聞頑張りすぎ。続きを読む
posted by 青年 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

斜め45度から「義経」を眺めてみた。

「武蔵」、「新選組!」と迷走を続けるNHK大河ドラマ。
昨年の「新選組!」は、若者文化成功を狙うも限界突破もできず微妙な仕上がり。
青年も、三谷幸喜作品という事で興味を惹かれ、第一話だけ見たんですが…見たらどうでもよくなりました。
視聴率も示しているように、"出オチ"だったようです。
もう大河ドラマはいいや、ダメだこりゃ、と。
思ってたんですよ。

でも、今年の「義経」は見た方がいいんじゃないかって気がしてきたんです。
キャスティング見たら。
ていうか、この画像見たら。
大河ドラマでこんな濃いぃ顔見た事ない。
ナンチャンの顔芸炸裂ですよ。
小泉孝太郎もハマり役になりそうな予感。
彼にはお坊ちゃん役だろうがそうでなかろうがお坊ちゃんに見えさせてしまう能力があるので。
あと、青年は「オセロの白い方は結構かわいい」説を長年唱えているのですが。
それが証明されそう
(文句がある人はどうぞ)
ついでに、巴御前に小池栄子っていう人選は…なんというか、絶妙。
ここは、長谷川京子とかではウソ臭いし、かといって北斗晶でも困るし。
イエローキャブ系が似合うポジションだと思います、はい。
こうやって見ていくと、後藤真希が一番危ういと思ったり。
てか、なんでこの役柄に後藤真希ネジこんでんだよ、と。

全体を見渡しても、大御所・中堅ががっしり支えて、若手・芸人・半アイドルがぱらぱら配置される感じで安心して見る事ができるんじゃないかと。
そういう期待をこめて、来週から見たいと思います。
第一話は見逃しました!

土曜日の再放送で見よう…。



posted by 青年 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

福井の眼鏡はせかいいちー。

「電車男」で検索してこられる方の比率の高さにビビりました。
まだまだ"旬"なネタだったんですねぇ…。
青年BLOG恒例のイマサラネタだと思って書いたんですが。

さて。
度が合わなくなっている事に気づき、4年ぶりに眼鏡を新調。
平日はコンタクトなのもあって、眼鏡にまで気が回っておりませんでした。
5万円近くの出費…ボディブロー。
視力0.1以下ともなると薄型レンズにお金かかりすぎです。
フレームをチタンフレームにしたせいもありますが。
サングラスに引き続きray-banブランドで。
とは言え、このフレームは福井県で生産しているOEM品との事。
(福井県の眼鏡フレーム生産量は日本一)
北陸エリアの経済活動にまた貢献。
給料増えろ。



posted by 青年 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

もうオタクと付き合うしかないらしい。

今月号のダ・ヴィンチの特集「オタク人口280万人突破! もうオタクと付き合うしかない?」について語ってやろうと意気込んでPCを開いたところ、ちゆ12歳様が私の言わんとしていた事+αを私が書くよりもはるかに明確かつ面白く書いておられたので、もういいです。

「電車男」以降の『オタクブーム』とでも言うべき流れはどうにも好きになれない。
オタクというハンデを乗り越えて幸せになる、というストーリで受けているように思う。
誤解を恐れず言えば、身体障害者がマラソンすると尚更感動するような、そういう安易かつ差別的な客引きの仕方をしているように思えて仕様が無いのだが、どうだろうか。
posted by 青年 at 20:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のSMAP×SMAPを見ながら(こうさぎ)

きょうぴょんはキムタクしたいなぁ。
きょうmarchhareの、発見しなかった。
不要。marchhareは、
キムタクからの「ドラマ『プライド』の主題歌のタイトルはなに?」というクイズを受けて、吾郎ちゃん「大丈夫、ぴょん、好きだから( ̄ー+ ̄)キラリ」キムタコ 「え、え、どういう『好き』よ?」吾郎ちゃん「クックッ

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「ぴょん」が書きました。
posted by 青年 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月07日

カンニング中島、白血病。

カンニング中島 白血病で長期療養

キレキャラの竹山ばかり目立って、中島は不要みたいに思ってる方もおられるようですが。
中島おらんかったらカンニングは成り立ちません。
彼以外に竹山の暴走ネタをきれいに収められる男はおらん。
てか、彼は日本一料理できる芸人やぞ、多分。
料理の方でメシ食える腕持っとるのに竹山と一緒に芸人続けとるんやぞ。
カムバックを期待しております。
幸い、間違いなく治るらしいし。

で、今日の「笑いの金メダル」は竹山単独で出演だったわけです。
今回は出演メンバーをシャッフルしてネタをやる企画だったのでそんなに竹山が浮いた雰囲気もなく、竹山イジラれる→竹山キレる→周りが放置プレイでオチとするパターン。
当分はこのパターンでつなぐくさい。
竹山の暴走も中島復帰までは抑え気味になるんだろうなぁ・・・。
寂しいもんです。
posted by 青年 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

今度の仮面ライダーは・・・。

太鼓の鬼(汗)

ナズェ…ナズェコウナッタンディスカ!ウヘァ!


続きを読む
posted by 青年 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

スポーツカーもモー娘。も。

そろそろ車を買い換えたくてネット徘徊してたら、

こんなサイト様発見しました。
posted by 青年 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月04日

平野啓一郎「日蝕」を読んで。

今更ながら、最年少芥川賞作家(当時)の受賞作品を読んでみました。
受賞当時はハードカバーしか無く、この本に数千円出す必要は無いと判断して放っておいたのですが、このたび文庫本を見つけたので手にとってみました。

概要は・・・割愛しますが、思ったより読めました。
世界観・ストーリ自体は意外と単純。
真理の追究・腐敗する世相・通過儀礼体験というテーマは、アイデンティティの確立に対する悩みに通ずるようにも思え、決して難解なテーマではありませんし。
誤解を恐れず言えば、ジュブナイル的と言ってもいい内容だと思います。
話題に上った難解な言葉遣いも、明治時代の文学なんかに比べたら遥かに平易。
体験の感動を表現する1ページ丸ごと白紙や、迷いを表す"・・・"の多用等は、現代の文章表現に近いひねり方だと感じました。

というわけで、ヒマなら読んでみたらいいかもよって感じです。
たった300円ですし。
posted by 青年 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。