2005年09月06日

完全に日記。

すみません、ウソつきました。

どっちかというと、遊びで土日埋まりまくってるのが効いてます、はい。
全く休まないって案外きつい。
楽しいけど。
posted by 青年 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

生きてます。

やべー、仕事が忙しすぎる。
posted by 青年 at 07:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

派遣社員について思う事。

お盆明けでバタバタです。
で、気持ちが病んでるせいか、こんな危ういネタで問題提起。

我が営業所は業務に派遣の人をお願いしているのです。
社員を雇えるだけの売上げが無いので・・・派遣にしなさいと相成ったんですが。
3人連続で3ヶ月で辞めてったんですよね。
で、今日は偉いさんも交えて「俺たちのどこがダメなのか?」と話し合ったんです。
2人目までは自分たちも"派遣の人というのはどういう価値観なのか"という部分をてんで分かってないままこちらのやり方を通してしまい、辞めても仕方ないなという感じだったのですが、3人目はこちらもそれなりに学習して気づかってたので、みんな「うーん」となってしまったんです。

その、3人目曰く、契約更新しない理由が、
 「マニュアル化されてない事項が多すぎる」
 「仕事が少なくて暇だ」
 「皆が気を使って全部やってくれるのが辛い」

うーん。
2人目までで学習してやった事がいつしか裏目に出てたようです。
みんなで「そんなぁ…」と言いながら「難しいもんだなぁ…」と頭を抱え。

派遣って、安定保証がないぶん、簡単に辞めてしまうように思います。
上の理由なんて僕から見たら大した事無いように思うんですが。
派遣には派遣の悩みがあるんでしょう。
そんな気分を抱えながら2chの派遣板を覗いてみました。
まぁ2chで見るのが間違いなのは分かってたんですが。
そこには、
「派遣を使いこなせない会社がクズ」
「派遣の方がよっぽど優秀」
「自分たちが役立たずだから派遣を雇うんだろ」
などなど…・・・(;´Д`)ウウッ…

こっちから言わせりゃー、
「正社員に採用されないから派遣やってんだろー?!」
「プロフェッショナル気取ってんじゃねー!!」とか言いたくなるんですが。

難しいですね。
ぜひ派遣の人の生の声を聞いてみたいトコです。

posted by 青年 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

ドラマ「スローダンス」について考えてみる。

…夏バテでしょうか、就寝時刻が23時になってきた青年です。

さて、今日はフジTV月9「スローダンス」について。
ここ1年ほどあまりドラマを見なくなってきてまして、最後に真面目に見たのは「TRICK」と「マンハッタンラブストーリー」(どちらも03年10-12月)、柴咲コウに惹かれて「オレンジデイズ」(04年4-6月)を眺め、今年は「義経」を斜め下からレビューするという体たらくであったわけですが、なんとなく「スローダンス」は見ている今日この頃(某・連邦様風)


続きを読む
posted by 青年 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

赤ちゃんができたの…(談・佐藤琢磨)

琢磨嬉しい!今季初ポイント&パパ

「長年にわたり僕を支えてくれた女性に赤ちゃんができました。出産は12月中旬予定です」


って、これって"出来ちゃった"って事だよなぁ…。
爽やかトークで後ろ暗さを微塵も感じさせないけど。
入籍しない事実婚って欧米だと普通だという話も聞いたのですが。
WRCのお祭り男・ペター・ソルベルグも、婚約者と第一子と一緒に写りながら「もうすぐ結婚するんだ!」って言ってたもんなぁ…。
そんなトコだけ真似せずに、リザルトも真似してください。
来シーズンのシートあるんだろうか…と心配。
これを励みにがんばってほしいものです。

そんなF1もいよいよ終盤戦に向かって加速中。
言っとくが、今年のF1は面白いので見たほうがいい。
ルノーのフェルナンド・アロンソ独走状態かと思われたのに、昨日のハンガリーGPで再びマクラーレンのキミ・ライコネンが詰めより、フェラーリのシューマッハも復活の兆し。
もう訳分かりませんよ、これは。

そんな生き馬の目を抜く世界でのちょっとした美談。
まろやかペヤング先生こと、D・クルサード。
ベテランのクルサードが、自身のクラッシュ後、危険を顧みずコース上に落ちた残骸をレース中に片付ける光景が世界に放映され感動を呼んだ。

世界一速く世界一エゴイストな頂点に立つはずのF1ドライバーに、こんな人がいるなんて。
さすが英国紳士、さすがまろやか先生だぜ!
みんな、鈴鹿GPでD・クルサード先生を応援しませんか。
てか、俺はする。



posted by 青年 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

夏ですね。


羽蟻の季節ですね。

彼らが文字通りの巣立ちの刻。

なんとか女王蟻候補と結ばれなければ彼らに未来はない。

我が部屋に迷い込んだのは彼らの蟻生を決定付ける過失と言えましょう。


…まさか、住みやすそうなのか?
posted by 青年 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

一夜明けて。

Q1.いきなり大胸筋が付いてきた気がします。
A1.急に酷使した筋肉が張ってるだけです

Q2.お腹の脂肪も減った気がします
A2.筋肉が張って固くなってるので脂肪が減った気がするだけです

Q3.筋肉痛がありません。まだまだ若いと思います
A3.なまった体だと筋肉痛は2日後にやってきます

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


【目標は体脂肪率15%(現在)→10%以下です】
posted by 青年 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

海猿に負けない体がほしい。

早朝更新に切り替えてみるテスト。
眠すぎる。

さて、昨日ですね、ドラマの「海猿」を見てたんですよ。
いやー、伊藤英明はやっぱかっこいいですね。
加藤あいもかわいいし。
周りもカッコいい男で固めてガッチリって感じで。
佐藤隆太までかっこよく見えるドラマって少ないよ?
まぁそんな感じで、一切手抜き無しのクサいまでの"かっこえぇ男達の熱いドラマ"的演出がなされてるのがこのドラマの特徴のように思うのですけれども。
その一環としてですね、伊藤英明演ずる仙崎の私服が強烈なわけですよ。
ちょうどいい画像が見つからないんですけど、えりぐりが非常に深いわけですよ。
そこからちょーたくましい大胸筋がチラリどころかヒョッコリ顔を出してんですよ。
でね、ちょうど友人の女性とメッセで会話しながら見てたわけですよ。
そしたらヤツが言うんです。
女「はー、伊藤英明かっこいいー」
私「せやなぁ、男から見てもかっこえぇわ」
女「あの私服はどうかと思うけど、あの筋肉はえぇなぁ」
私「すげぇ筋肉やよね」
女「あんなん目の前におったらクラッとなってまうわー」
私「(カチーン)」

【マイコンピュータ】
たくましい男に女はクラッとくる(一般法則化)

たくましくなれば俺も数多の女性をクラッとさせられる(法則の適用)


昨夜から筋トレはじめましたが、なにか?
ま、最近ちょっと体がなまってたんで!(泥沼
posted by 青年 at 07:19| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

スキマスイッチについて語ってみる。

スキマスイッチの新アルバム「空創クリップ」が良すぎる件について。

「全力少年」はともかく、「雨待ち風」がシングルカットの時点ではイマイチピンと来なかったもんで、心配だったんですが、アルバムの流れに入ると非常に良い。
歌詞も相変わらずの『等身大の20代半ば』みたいな、ややヘタレだけど純情でちょっと変態さん入ってる感じで。
まぁ今回は変態さん度はファーストアルバム「夏雲ノイズ」よりだいぶ下がりましたが。
「夏雲ノイズ」は、中田氏の歌とかストーカチックな歌とか色々だったからなぁ…。
いいですか、そこのあなた。
スキマスイッチは変態さんですから!
でもそこが好きだ

そんな「空創クリップ」の中でもハマってるのは、M7「キレイだ」。
w-inds.に楽曲提供したヤツ。
…w-inds.にこんなヘタレな内容の歌を歌わせたんですか?
あ、彼らみたいなかわいい男の子が歌えば(〃▽〃)キャー♪な人がいるんですか。
うーむ。
ともかく、スキマスイッチのセルフカバーによって、真性ヘタレ曲に昇華しております。
てか、この歌詞、青年的にヒットしてない部分がネェ!!
サビの
"何度も手にとる写真は破れず、君はキレイだ"もさる事ながら、
2番の
"君がくれた手紙を一つずつ紙飛行機に変えながら"
"ただ願うんだ、できるだけ遠くへ飛べ"
とか、かなり良いですわ。
つーか、一連の流れが良い。
という事で、いいですか、そこのあなた。
スキマスイッチの「空創クリップ」は"買い"ですから!  


で、何で珍しくこんな朝に更新してるかって?
色々あるんだよ、色々…(-ω-#)y-~~~~
posted by 青年 at 07:40| Comment(1) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

道を踏み外す計画。

3連休の初日は寝て過ごしましたorz
起きたら夕方。
ウツになりながらネット巡回したら仲間がたくさん…。
ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

正直、これが後二日続いた日には、本物のウツにかかりそうです。
ので、明日は酷道巡りに挑戦してくるつもりです。
R157に…。
請うご期待(帰ってこれるんだろうか)
posted by 青年 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

唖然呆然F1アメリカGP。

知ってる人はとうに知ってるだろうが、
本日未明に開催されたF1アメリカGPの顛末に思わず筆を取った次第。

昨日書いた通り、早めの就寝で仮眠を取り、中継開始のAM2:50に起床。
TVを付け、チャンネルをフジTVに。
そして始まるF1中継。
フォーメーションラップ。
ゆっくりとサーキットを一周…しようかというその時。
次々とピットインしていくマシンたち。
残った計6台でレースはスタートし、フェラーリの1−2フィニッシュ、ジョーダンの新人モンティロが3位という驚愕の結果で幕を閉じた。

原因はタイヤ。
予選終了時点で、ミシュランのタイヤは構造的欠陥により1レース走りきれずにバーストする事が分かっていた。
そのままのタイヤで走行する事は勝負にならないだけでなく、ほぼ間違いなくクラッシュするという事。
ミシュランは改良を施したタイヤに履き替えさせるか、コースを一部変更する事でタイヤがもつようにする事を求めた。
が、今シーズンの1レース1タイヤを遵守するFIAはそれを認めず、結果、ミシュラン勢はドライバーの安全の為、棄権する事になった、というわけ。

欠陥タイヤを用意してしまったミシュラン、ルールを押し通したFIA、安全の為に棄権する事にしたチーム。
どれもそれぞれの立場では正しいんですが。
あそこに集まってた観衆の事を忘れちゃいないか、と。
全部で6台しかいないレース、フェラーリの独走とドンジリチームの争い。
抜きつ抜かれつのデッドヒート好きのアメリカ人には発狂モノのレースじゃなかろうか。
誰が悪いかっていうと、FIAかな。
F1はスポーツであると同時にエンターティメントなのだから、そのへんは融通利かせてもいいと思うんだけども。
せっかく起きたのに、2週だけ見て寝ました。

posted by 青年 at 21:01| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

今年のF1は面白い。

今井翼が那須与一になろうが、小池栄子のセリフがアレだったという噂を聞こうが、「義経」を見る気が出てこなくて困っております。
日曜8時代には特に見たい番組が他にあるわけでもないのに。
(笑い的に)突き抜けないんだもんな…。

さて、そのかわりと言うわけでもないのですが、
日曜の夜はF1を見るのです。
車好きですから、モータースポーツも好きなのですが、
ラリーから入った口でF1はそうかじりついて見るほどでもなかったのですよ。
見てもシューマッハ兄貴の一人勝ちで結果が見え見えだったし。
シューマッハの唯一のライバル、ハッキネンが引退するまでは夢が見れたんだが。。
同等以上の実力者不在で、偶然による番狂わせを見る為に夜遅くまで見る気力が出なかったのですよ。

が、今年のF1は面白い。
タイヤ無交換、2レース1エンジンによる耐久レース化に加え、ダウンフォース削減などの大幅ルール変更によって、今まで蓄積されてきたマシンのアドバンテージがチャラになり、ある種、横一線からの開発競争。
結果、何が起こってもおかしくない、といった状況が生まれました。
これが最速を競うF1サーカスとしてあるべき姿なのか?という疑問は別にしても、見る側にとっては楽しみやすい展開となっております。

シーズンの1/3が終わったここまでの状況としては、
開幕戦からの連勝で逃げを打つも弱点も見えてきたルノー、
タイヤとのマッチングが進んで本来の速さを取り戻して追うマクラーレン、
背水の陣で結果をだしてきたトヨタ、
序盤の不振から徐々に立ち直りつつあるフェラーリ、
などなど。。

シューマッハ+フェラーリ陣営不振による世代交代の兆しも見逃せず。
とにかく、今年は大変革のシーズン。
向こう2,3年は動乱の戦国時代が続きそうで、目が離せません。

というわけで、今日のアメリカGP。
中継開始が、AM2:50!!
終わったら朝やないですか!!
…仮眠取ります。
posted by 青年 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

百万石祭だワショーイ

今日は、金沢市名物・百万石祭りでした。
我が家のすぐ先の道をパレードが通るので、惰性で毎年眺めております。

パレードの目玉は、前田利家公入城行列。
前田利家公を芸能人が毎年その役を務めるので、地元連中はそれを目当てに集まってくるのです。
今年の前田利家は赤井英和氏。
一昨年の加勢大周、昨年は東幹久からグッと渋めに。
台風4号の影響による雨でなかなか集まりが悪かったものの、
利家公登場の頃には押すな押すなの大混雑。
そして、満を持して前田利家公こと赤井英和氏登場。
おばさま連中を中心にあがる『あかいさーん!!』の声援。
それに応えて、いまいちテンションあがりきらないふうで手を振っていた赤井氏。
が、途中から、何があったのか、テンション急上昇。
馬上で両手を広げながらぐるぐる輪乗り。

⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン ←イメージ

それにハマったのか、その後は行く先々で必ずブーン。
ありがとう、ネタにさせてもらいました。
赤井英和、ブーン。
posted by 青年 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

死ぬかと思った。

暖かくなってきたので部屋の掃除をしようかと。
そろそろ虫が出たりカビったり面倒な季節になってきたので(をぃ

よしやるでー!

【4時間後】

うおー、フローリングを足の裏で感じる喜び!
(ここ3ヶ月、洗濯物で床が見えませんでした)

…暑いな、妙に汗かくし。
…あれ?
…なんか、めまいが、さっき食ったお好み焼きが、逆流してくるよ?
…そういえば、いっこく堂は最近何してるんだろう。。
…彼を潰したのはコージー冨田だよな、簡単に真似しやがって。。

【暗転】

【翌朝】

死ぬかと思った!
猛烈な頭痛と汗と嘔吐感で気絶するかのように眠りに落ちたようです。
多分、ハウスダストアレルギーかと。
カビの胞子吸いすぎた!

そんな感じでグダグダ的に久々の更新でございました。

posted by 青年 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

才能無ぇ。

免許を取って5年。
ようやく左足ブレーキを使えるように。
自称・車好きとしては恥です。
posted by 青年 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

セフレ探してます

いやー、下衆い思わせぶりなタイトルですね
さー、全国のエロども、集まってこいや。ケケケ。


ぺたり。

KC240072.JPG

あるんだよ、こんな名前のスーパーが!
氏ねとか思ったエロ坊主ども、ちょっと待て。
地元の人々はセフレとともに生きてるんじゃよー。
言うなれば、セフレと主婦だけの蜜あふるる約束の地。
血気盛んな男子中学生ならご飯3杯はいける。
思い浮かべてごらん?
もう一度。
もう一度。
もう一度。
よしやめ。

モテモテ王国ネタ】

てか、なんでこんな名前ついてんだろう。。
"セフレ"ってどういう意味なんだ。
posted by 青年 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

撃沈中

風邪ひいちまいました( ̄_ ̄;)

漫画喫茶で一泊→寝袋で一泊→翌日仕事→撃沈
   (旅  行  中)

あれですか、僕はアホの子という事でFA。

【追記】
藤井隆・乙葉 結婚オメ。
なんかホノボノする組合わせですな。
ホッ!ホッ!(o`Θ´)



posted by 青年 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

老人と若者。

らくだのひとりごと」様の「席を譲らなかった若者」というエントリが注目を集めているので便乗してみる(ヲィ
まずはリンク先をご覧下さい。

読みましたか?

盛り上がってますね。
考えさせられるエントリ自体は言わずもがなですが、
コメントでの舌戦が面白い。
若者派V.S.老人派という図式の序盤の後、
お互い様という意見、二元論で語るべきでないという意見の広がり。

チャートにすると、

老人が悪いよ派―┬―山登りするくらい元気で疲れてないよ派
        |
        ├―年寄りってだけでえらそうにすんなよ派
        |
        └―素直に頼めばよかったよ派

若者が悪いよ派―┬―ご年配は敬うべきだよ派
        |
        ├―責任転嫁だよ派
        |
        └―心が狭いよ派

お互い様だよ派―┬―どっちも心が狭いよ派
        |
        └―善悪の二元論じゃないよ派

こんな感じですか??

エントリーに対する意見から始まり、
その意見に対する意見の展開、さらにその意見への意見。
延々と後出しじゃんけんの繰り返しです。

で、ここにもう一つ後出しを投入してみる。
善悪二元論じゃないよ派から展開。
まず、どちらが良い悪いというのはこのエントリーから読み取れる情報では断言できない。
言える事は、この"ディベート"に於いて勝利したのは若者だった、老人は下手を打ったという事だけ。
なぜなら、若者・老人双方の意思が明確でないから。
若者の行動は日常への苛立ちから来る八つ当たりだったのか、見苦しく見えた老人の行動への批判なのか。
老人の行動は知人の体を気づかっての事だったのか、現代の若者への嫌悪感からなのか。
そのへんのさじ具合がはっきりしない以上、社会的善悪の断言はできない。
また、どちらも心が狭い・思いやりがないというのも推測から来る意見に過ぎない。

あと、もうちょっと毛色を変えると、
人間は個人利益を最大にするように行動するという功利主義を持ち出して、どちらの行動も"正しい"という理屈もできたり。
あぁ、後出しじゃんけんエンドレス。

で、このエントリにケチをつけるとしたら、
何の実効的結論も出せていない、という事か(予防線)

posted by 青年 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

3年目は大変だ。

ご無沙汰しました。
ここ最近、仕事に気を入れすぎました。
早いもので社会人3年目。
これが案外のプレッシャーなのです。
もう言い訳できねぇ・甘えがきかねぇ。
気を抜けば惰性になりがちで油断できねぇ。
きちー!!
自分は進歩できているのか。
数字だけが評価される世界でずっとやっていけるのか。
こえー!!
3日・3ヶ月・3年とはよくいったものです。
今、覚悟が必要です。

まぁそれはそれとしてですね。
3年目ともなると仕事にゆとりを求めるようになるのです。
外回り中にドリンク飲みまくって、
スカイラインミニカーコンプしたり。
ヤクルトのキティちゃん湯のみ+ジョアセット買ったり。
バイク好きの上司のデスクの近くに、
ローソンのヨシムラ缶パンフ置いたり。
うん、すげー食いついて見てた。
posted by 青年 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

恋におちたら。

草なぎ剛主演で今日から始まったドラマ
恋におちたら」。

IT企業を舞台に繰り広げられる、仕事と恋と友情をテーマにしたサクセスストーリー。佐藤嗣麻子脚本、鈴木雅之ほか演出。6年前に父を亡くした島男(草なぎ剛)は家業のねじ工場を継ぎ、母の藍子(高林由紀子)やわずかな従業員たちと働いていた。商店街の福引で特賞を当てた島男は、藍子とともにハワイ旅行へ。そこで香織(松下奈緒)という美しい女性と、ITベンチャービジネスの若き起業家、高柳(堤真一)に出会う。島男たちが帰国すると、経理担当の従業員の不正によって工場が倒産していた。その上、藍子が心臓病で倒れ、やがて息を引き取ってしまう。悲しみの中で島男は、困ったことがあったらいつでも来いと高柳に言われたことを思い出す。

(Yahoo!テレビより引用)

で、この堤真一演じる高柳という男。
まんまほりえもんですがな。
ITベンチャーの若き社長。
「お金でできない事はない!」と語り、
マスコミに追いかけられ、
ラフな格好で美人秘書をはべらせ、
サッカーチームまで持っている。
(顔は堤真一がいいけど)

この番組、フジテレビなんですけど(汗)
これは、あれか。
貧乏だけどハートフル草なぎが一流企業のトップに上り詰めるも、
「ここには大事なものはない」とか終盤で言い出し、
それに堤も影響されて、
「人間、やっぱお金だけじゃだめだよね」という結論を出す
アンチほりえもんドラマかっっっ!!

と思って見てたら、終盤、超展開。
突如、堤の会社のサーバがダウン。
サーバアタックかと慌てる一同。
そこに現れた草なぎがその症状を一見して曰く、
「これはサーバアタックじゃない。新種のウイルスだ!」(大意)
そして、驚くべき速さで復旧してみせる草なぎ。
それもそのはず。
実は草なぎにはスーパープログラマーという過去があった!!

ってなんじゃそらー!!
こりゃもう超注目ドラマに格上げですよ。
来週も、見る!!


posted by 青年 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。