2005年10月09日

ありがとう佐藤琢磨。さようなら佐藤琢磨。

フジTV初のF1日本GP生放送が実現した今年の鈴鹿。
いやー、年に2度見られるかどうかの好レースでしたよ。
トヨタのR・シューマッハのPP→序盤トップ走行。
対アロンソで見せたM・シューマッハの老獪且つ衰えを感じさせないテクニック。
BARホンダのバトンがラスト10週時点での一位走行。
キミ・ライコネンが最終ラップ1コーナーでのパッシング→優勝。
あと、クルサード先生が一時ラップリーダー、しかも入賞。

非常にめまぐるしく、あちこちで好バトルが起こり、ドラマに満ちたレース。
晴れてたし、行けばよかった!
V10エンジンのサウンド聞けるのも今年で最後だし!

うん、ただね、表題の件なんだけどね、


 我らが日本人ドライバー・佐藤琢磨がね、うん。
去年はBARホンダの好調もあって評価を高めまくった佐藤琢磨なんすけどね。
戦略重視でファイティングスピリットを持ったドライバーがいないと言われる昨今のF1界で「サムライ」「真のレーサー」と褒め称えられた佐藤琢磨なんすけどね。
今年はまるっきりダメなのね。
しかも遅いだけじゃなくて他車巻き込んでクラッシュしまくるのね。
そのうち「ハラキリタクマ」「most dangerous driver」とか言われ始めてね。
挙句、BARホンダからもクビになっちゃってね。
せめて、毎年好走してる鈴鹿でいいトコ見せないとやべぇぞ!って状況。
ファンもアンチも日本のF1ファンは「琢磨ガンガレ!」って思ってたんすけどね。
たぶん。

スタート直後の1コーナーでいきなりコースアウト

挽回すべく猛追

シケインでトヨタのトゥルーリに強引なパッシング
クラッシュ
トゥルーリはリタイヤ、琢磨はなんとかレース復帰

結局13位で完走。
普段温厚なトゥルーリが琢磨批判
レース後、琢磨に問題有りとみなされ成績抹消の裁定

。・゚・(ノ∀`)・゚・。 アチャー


別に僕は琢磨ヲタではないのだけれど、日本人なりに期待してた訳ですよ。
佐藤琢磨以上の日本人レーサーはもう当分出てこないと思うんで。
琢磨がダメなら日本人はレーサーとしてダメな人種だと。
そういうわけで、シーズン序盤から中盤にかけてダメでも期待してましたよ。
マシンも良くなかったし気合が空回りしてんだろうって。
思ってたんだけれども。
怒涛の走り⇒ムチャなパッシング⇒クラッシュ
このパターンが続くにつれ、「学習しようぜ…」という募る思い。
で、今日ので愛想が尽きた。
サムライはサムライでも、猪侍だ、と。
彼のムチャな走りでレースが壊れる。
F1にふさわしいドライバーとは思えない。
他のドライバーも、F1界にいる人間の大半はそう思ってるだろう。
だからこそ、BARホンダはバトンに固執し、琢磨を放出した。
ホンダがBATから株を買い上げ100%ホンダチームとなる事が確定した今でも、琢磨をホンダで走らせる予定はない。
ホンダすら琢磨をある意味で見放したのだろう。
噂に上っているホンダの新チームに乗せるとしても、本隊で走らせる価値は無いと判断したという事だ。
ホンダの、日本の看板として、走ってくれればそれで十分。


いや、マジで琢磨もう一度頑張ってくれよ。
精神的にキツいだろうけど、もう一花咲かせてくれ。
日本中のモータースポーツファンがそう思ってる。
去年の走りをもう一度見せてくれ。

もう一度言うが、僕は琢磨ヲタじゃないですよ。



posted by 青年 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日本GPライコネン強し
Excerpt: 9日に鈴鹿で行われた日本GPはスタート直後に 琢磨がカーブでクラッシュし5番手から後退する そして大好きなモントーヤがリタイアしショックやし その後レースは最後まで見てたけどライコネンが逆転..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-10-10 08:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。