2005年08月03日

ドラマ「スローダンス」について考えてみる。

…夏バテでしょうか、就寝時刻が23時になってきた青年です。

さて、今日はフジTV月9「スローダンス」について。
ここ1年ほどあまりドラマを見なくなってきてまして、最後に真面目に見たのは「TRICK」と「マンハッタンラブストーリー」(どちらも03年10-12月)、柴咲コウに惹かれて「オレンジデイズ」(04年4-6月)を眺め、今年は「義経」を斜め下からレビューするという体たらくであったわけですが、なんとなく「スローダンス」は見ている今日この頃(某・連邦様風)


ざっくり説明すると、(面倒なので役名じゃなくて本名でいく)
映画制作の夢を抱きつつもくすぶって教習所教官をしているツマブキ。
アパレル関係でキャリアを積み店長昇格にまで到った深津絵里。
で、ツマブキは夢とか昔の彼女の事とかでモヤモヤ状態。
深津は結婚寸前までいった彼氏と別れ、仕事も苦闘。
そんな二人人生模索中の二人が、なにかと絡む、と。

なんというか、非常に安心して見られるドラマだと思う。
長井秀和も言ってたんだけれど、「最終回、ツマブキと深津はくっつく」
95%くらいの確率でこれが保証されているので。

事実、あからさまな伏線が張ってある。
ツマブキの兄が気になって「偶然がほしい」という深津に、ツマブキが兄が開いたバーを紹介する。
「偶然、できたでしょ」と言うツマブキに、深津は「こんなのは偶然じゃない」と言う。
「家が近くみたいな、なにかと自然に出会うような偶然がほしいの」

で、ツマブキと深津の関係は、と言えば、
・カフェでコーヒーの取り違えでモメて出会う
・自動車教習所の教官と生徒の関係になる
・実は、家が近い
・なんと、深津が教育実習に行ったクラスの生徒=ツマブキ
などなどの「偶然」の固まりなのであって、
それに二人が気づいていくというストーリ展開だろう…と読めまくる。
いや、これでくっつかないなんて無いだろうと思う。
いやいや待て待て、もしかしたら…という5%の可能性も想像はするけれど。

それに加えて、"現代の等身大の若者像"が得意なツマブキがメイン。
きた、まったりきた。
それに周りを固めるのが、広末・小泉Jr・藤木直人・小林真央ときた。
演技の深みは望みにくい。
結局、"トレンディ"(死語)って感じの作品にしあがっていて、安心して眺められる作品なので僕は「深津絵里、30過ぎてもかわいいなぁ」とか「広末、安いベッドシーンだなぁ」とか思いながらなんとなーく眺めている次第。

ところで、この番組、視聴率が危ないらしい。
こんな見え透いた展開なら他の事するって人もいるって事だろう。
フジTVさん、ラスト2話あたりで神展開をお願いします。
なんとなーく眺めてる僕をびっくりさせてください。

posted by 青年 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

スローダンス
Excerpt: 8/8 21:00 >> 21:54「飛び出した告白」goo テレビ番組ナビ夏休みを終えた実乃(広末涼子)が店に戻ってきた。衣咲(深津絵里)は、実乃が英介(藤木直人)と一緒に鹿児島へ行った..
Weblog: 本日のテレビ番組ガイド(niseyTV)
Tracked: 2005-08-08 10:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。