2006年02月13日

所謂一つの観光客価格。

この土日、金沢を案内して回る機会があり、そこで思った事を少々。
まぁどんな観光地でも同じだと思うのだけれども、金沢には観光客向けの価格設定がある。
その代表的なものが、近江町市場。

平日は地元の台所である近江町市場も土日には多くの観光客が訪れる。
近江町市場には魚介類を食べさせる店がいくつかあって、土日ともなると観光客の長蛇の列ができる。
で、これらは正直言って高い。
回転寿司もちょっと上等で旨い代わりに、一皿400円台がザラ。
高級なネタともなると、一皿600円。
気軽に入れるがいざ食べようと思う段になると財布の中身が気にかかり食事が懐と相談しながらの一仕事になるので私は敬遠している。

実は、近江町市場から10分も歩けばリーズナブルな価格で寿司を食べさせる店はいくつかあったりする。
もちろん、旨い。
昼食はそこに連れて行って満足してもらえたのだが、夕食は宿に入っている小料理屋で食べようかという事になり。
4000円也の懐石料理だったのだが…これなら私の行き付けの飲み屋の方が美味しくて安いぞ!という気分になってしまった。

まぁ何が言いたいかと言えば、金沢にお越しの際は一声かけてもらえば安くていい店紹介しますよ!という事です、はい。

あ、近江町市場のフォローをしておくと、数年前までは土日に店が開いてる事なんてありませんでした。
元々、土日はおやすみの日なんです。
観光に来た人が土日に近江町市場に来てがっかりする、といった事が多いのでここ最近は休日も営業している…という訳です。
ただ、もうちょっとがんばってほしいという事で、今回の記事。



posted by 青年 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。