2005年03月28日

コブクロ二人とも結婚してた【改訂版】

だそうです。
公式コメントがオフィにあがってます
黒田氏が今年1月に挙式、小渕氏はデビュー前のサラリーマン時代。

そっかぁ…。
なんつーか、もう結婚しちゃってるわけで。
そうですか、としか言いようがなく。
まぁ確かに小渕氏みたいな独身者いねぇよなぁ…。
黒田氏、結婚できてよかったなぁ…。
別にコブクロなんて『きゃー!!』とか言われるキャラじゃないだろ?
『私のこびぃが…しかもずっと黙ってたなんて!!』なんて痛いファンもいないだろ?
『幸せになって下さいね!!』みたいなコメントばっかだろ?
(とっくの前から幸せだっつうのに)

と思いながら、オフィシャルHP覗いてみる。
うん、案の定…?
激重。
うーん、祭りの予感。
掲示板に…入れない。
この扉の向こうでなにが…?
何度かの挑戦の後、ようやく入れた。

掲示板に入ると、そこは雪国嵐だった。
祝福の嵐。

おめでとうございます!(以下略

おめでとうございます!(以下略

おめでとうございます!(以下略


ぜ、全員それぞれ新規スレ立てして祝福カキコしてる…!?
新規スレたちまくり。
激重で半分鯖落ち状態なのはこのせいか…!
こ、怖い、怖いよ!
祝福の裏の涙が見える…!!(気がする)

…ていうか。
小渕氏、結婚3年目でスーパー営業マンの地位捨てて音楽の道を選んだのか。
そう考えると、「YELL」「轍」「コンパス」あたりの歌詞って重いというか深い。
コブクロの歌は、ピーターパン症候群というかきれいごとというか、そういう匂いを感じてしまってどうも好きになりきれない部分があったのですが、考えを改めないといけないようです。
今回の報道にショックを受けたファンの方々もいるかと思いますが、俺の中では間違いなく男をあげたぞ、コブクロ。


posted by 青年 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

ブルーチーズを美味くするには?

今週も義経見逃した(´;ω;`)ウッ…
今日こそは見るつもりだったんです。
10分前からNHKに切り替えてスタンバイOKだったんですよ。
そんなところにかかってくる電話。
友人からとあってはむげに切る事もできぬ。
かくして電話終了したのが、20:40。
・・・_| ̄|○・・・


ところでどなたか、ブルーチーズのうまい処分法調理法をご存知ないでしょうか。
買ってみたんですが、くちゃい。
なんだこれ、ブルーチーズってこんなにくちゃかったっけ!
それとも今まで食べてきたのがマイルドだったんだろうか?

でも…食べないのはもったいねぇ。

・・・(;´Д`)ウウッ…パクッ

クチャ━━━━━(`Д´)━━━━━ッ!!!

待て、常温のせいじゃないか。
冷やしてみよう。そうしよう。
そうすればあまり匂わないかも。

1日後に期待。
posted by 青年 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

「義経」第十一話「嵐の前夜」【欠番】

…起きたら午後3時だった。
( ゚Д゚)ポカーン

再放送まで見逃すとは。
すいません、欠番とさせてください。。orz
posted by 青年 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 「義経」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

FM富山はマニアック。

仕事柄?、営業車の中でラジオを聴く事が多いのです。
石川県内ならFM石川、富山県ならFM富山。
そのFM富山のパーソナリティに、牧内直哉なるおじさんがいます。
この方、個人的思想や趣味性の話題が混じりがちでして。
時事ネタはおろかリスナーからのメッセージまでその嗜好でぶった斬る事がままあり、非常に注目していたのですが、今日あまりにぶっ飛んだ発言をしたので、ネタにしてしまいます。

それは、アキバ系アイドルの話から端を発しました。

「最近ね、アキバには萌えドルって出てきてますね」

…萌えドル?そんな表現あったっけ??

「小倉優子ちゃんとかですね」

小倉優子は萌えドルなのか?

「そういえばですね」

はい。

「明日から愛・地球博が開催されますけれど」

そうですね。

「あれにロボットいますよね」

らしいですね。

「あれ、結構オタッキーくん達にウケるんじゃないかと」

なにぃ?

「レースクイーンをカメラで撮りまくる人達いますけど」

うん。

「あれみたいにロボットを撮りまくる人達が出てくるかもしれませんね」

いや、いやいやいや!!

「結構ウケると思うんですけどね」

あなた…すげーマニアックな事口走ってますよ??
三次元で無機物でこんな見た目してるんですよ?
二次元のかわいい女の子(時折、生物学を超越した有機的外見を持つ)に萌え〜とか言ってるヤツはいるかもしれないけど、それはありえるのか!?

…待て、考えろ、俺。
萌えという要素は、記号(所謂お約束。血の繋がらない妹だとか、幼馴染だとか、色々ある。らしい)によって引き出されている、らしい。
だからこそ、生物学ではありえない外見をしていようが、萌えは存在する。
そう考えると、三次元だろうが無機物だろうが、記号さえ備えていれば萌える余地はあると理論上は言えるんではなかろうか?
俺には全くわからないけど、もしあんたがそれを感じ取って発言したとすれば、あんたすげぇよ…orz

そんな事を考えながら今日の営業は過ぎていったのでした…。
牧内直哉、今後も目が離せない。

てか、今日の記事はいよいよマニアックだな(汗)
posted by 青年 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

オーガニック的な○○。

タイトル見て、ブレンパワード連想した人は負け組(いねぇよ
ゲホゲホゲホゲホゲーホ…ゲェェェェ。
風邪が治るどころか咳まで出はじめました。
一度かかると長いんだよなぁ…抵抗力弱し。

抵抗力落ちてるだけじゃなくて、お腹出てきたし、怪我は治りにくいし、肌荒れはするし。
これはやはり食いもんが悪いんじゃないか、と。

で、思い出したのが、名古屋で食べたオーガニック料理。
無農薬・減農薬の野菜だけを使ったランチ。
味が違うんですね、やっぱり。
自然な甘みというか、旨味というか。
定食やコンビニ弁当に慣れきった舌のせいかもしれませんが。
ああいうもんだけ食ってたら健康だろうなぁ、と。

と思って、北陸エリアで探したら、あるじゃないですか
石川県:TAKANO
富山県:パセリの森・平和通り食堂・神実

環境問題を勉強してた反動で、エコとか自然派とか軽々しく言うのは苦手なんですが。
体に良いんなら行こう。
うむ、これぞ生活環境主義(?)。
ランチ食べに行ってみるかな。

無農薬にも色々あるとか、間違った無農薬農法は体に悪いとか、その辺は置いといて、ね。
posted by 青年 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

風邪ひいちゃった。

仕事する気出なさそうので、休みました(ヲィ

更新してやる、更新してやるぞ…ッ!!

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ


いや、喉痛い・鼻水ダラダラ・頭クラクラですよ。

しかも、保険証どっかにやっちゃって病院行けねぇ。

探してたら、ホコリが舞ってアレルギー発症。

寝て治すしか…ッ!
posted by 青年 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

見苦しい言い訳

仕事のストレスがジワジワと精神を蝕んでいるのが分かる今日この頃。
時々ふと気づくんですよね…。
自覚してるだけマシか。
【アブナイ人の台頭】

まぁそんな状況なので平日はグッタリ、この連休はストレス解消すべく遠出しておりました。
ので、更新しとりませんでした!
まぁ仕事のストレスを更新で解消するという方法もあるかもしれませんが、そういう時に更新するとストレスを記事に垂れ流してしまう気がしてどうも…。
毎日更新しておられるサイトの管理人様とか偉大です。マジで。
そんな訳で、3月中は更新が少なめになると思いますが、見捨てないでやってください。


※「義経」は土曜日の再放送を見て書きます。
  今週の土曜は出勤日なんですが、有給取りました。
posted by 青年 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

「義経」第十話「父の面影」

一日遅れで今週の「義経」です。
はい、あらすじ

で、えーと。

すいません、今週はツッコミどころがありません。

いやね、今週は義経がひたすら平泉でのほほんとしてたので。
淡々と見てたらツッコミようがありませんでした、はい。
まぁね、そのね、突然うつぼが平泉に現れた時にはひっくり返った。
女の子が単身で京から平泉まで移動。
当時の平泉なんて、陸奥(みちのく)の文字通り、奥地も奥地。
正直、別の国みたいなもんだったと聞きます。
もちろんうつぼに馬やら乗り物を使うアテなどあるはずもなく。
徒歩でしょう。
そんな旅をしてきて、ケロッとした顔で現れたうつぼ。
こいつ、なにもんだ…(゚Д゚;)

そんなTVの前で疑念を抱く私をよそに、うつぼはとどめの一言。

うつぼ「平泉がどんなとこか知りたかったし、遮那王様の事も気になったし」

ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン…・・・
そんな理由で千里の道もなんのそので来ちゃうのか…。
恋する乙女は時空を超えるのか…。

という衝撃で、後の事はあんまり覚えてないのです。

全体的に言えば、
義経と愉快な仲間達といった感じで終始なごやかな風景が展開。
弁慶と誰か、という形で掛け合い漫才が展開しまくってました。
もちろん、弁慶がボケというかボケツッコミというか。

まぁそんなぽわわんな雰囲気も次回はまた引き締まるでしょう。
てか、引き締まれ。
posted by 青年 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 「義経」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

ウオッカとハゲの関連性。

今週の「義経」は絡みづらかったので、一日置かせて下さい(汗)

さて、最近、某人の薦めもあって、ウオッカを飲みはじめました。
で、金曜にベーコン・チーズ・フランスパンを購入。
飲みまくりの週末を過ごしました。
キャビアがなかったのが残念。
てか、金沢市内のデパ地下には全く無いんですけど。
最近はあまり置いてないんでしょうか。
それとも金沢が田舎なんでしょうか。

で、ロックで飲んでいたのですが。
これ、太ってハゲそうです。

胃荒れを防ぐ為に胃に膜を作る油分が多いつまみ

キツいので酒量に対してつまみが多くなりがち

高カロリー・高コレステロール

太る・血行不良

ハゲる

ロシア人って中年はみんな太ってハゲてるイメージありますが。
ウオッカのせい。
という事にしてみたい。

でも、チーズでやるウオッカ、止まらないっす(汗)
posted by 青年 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

なんかいい感じなわけでもない。

今日の記事は以下のような人にはお勧めしません。
・人間の容姿をネタにするのが許せない人
・オレンジレンジの大ファン

関係ないって方だけ、続きをどうぞ。


続きを読む
posted by 青年 at 23:54| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

「義経」第九話「義経誕生」

二日連続で「義経」ですよ。
今回は、京を脱出、弁慶合流、義経元服と盛りだくさん。
が、今回はナンチャン扮する伊勢三郎が全部持ってったね、うん。
ナンチャンの為の回と言わせてほしい。
ので、レビューもナンチャンメインで行く。
一応、あらすじリンクは置いておく。

まずね、初登場のシーンからしてちょっとおかしい。
遮那王一行を襲う山賊として登場するんだけど。
殺人狂みたいなキテる笑みを浮かべて登場。
キテるんだけど、演技が大げさすぎて、コント風味。

で、義経一行の寝込みを襲うも見事に撃退されて捕まっちゃう。
弁慶「この者達、打ち首にすべきかと」
南原「ハァァァァァ!イヤァァァァ!」
見てるこっちがビックリした。

で、自分達が襲った相手が源氏の御曹司と知り、
実は拙者も源氏なんですぅ!親父が義朝様と縁があったって言ってましたぁ!
と号泣。
遮那王「あの者が父上と縁があるというのは真か?」
弁慶「いやぁ、あのカニ男の世迷言でございます」
遮那王「カニ?」
喜三太「顔が…こう」
カニ男、ここに誕生。

このカニ男、弁慶並みにストーカーケナゲです。
山賊など家来にできるか!と断られ追われた後も、
平家の待ち伏せを教えに現れたり、
陸路をやめて船を入手する算段をしている時も、
寒い中を屋敷の外で一人待ったり。
なのに、「あ…表にカニがいました」
などと、またもカニ呼ばわり。

最終的には、奥州に向かう船の船倉に忍んでいたところを見つかり、根負けした義経に供を許されるのですが、
その時は、私も「あ、船底にカニがいた」とか思いました、はい。
ともかく、家来になれて喜色満面のカニ男。
次回以降も目が離せません。
その顔芸に。さすがナンチャン。


カニ男以外の目玉としてはですね、
家来になれて絶好調の弁慶かな。
遮那王一行の危機に現れて大活躍するも、
「都を去られるなら私に一言あってもよいではござりませんか!」と大憤慨。
お前、まだ家来でもなんでもないから。
で、それをツッコまれてワーワー言った挙句、
喜三太を差し置いて第一の家来にはできんが、それでもいいなら…と遮那王に言われ、
クゥゥゥゥゥ…と呻きながら結局家来に。
とは言え、哀れに思えたのはそこまで。
その後は、常に遮那王(義経)の傍を離れず、重要な談義の場にも参加。
第一の家来・喜三太はいないのに。
あっという間に自分のポジションを確立しました。
やるな、弁慶。

まぁこれ以外にも色々ツッコミどころの多い回でした。
政子こと財前直見の裸とか
それらを全部かき消すくらい、カニ男のインパクトが強い回なのでした。
正直、今回のサブタイ「カニ男 伊勢三郎」でいいと思う。
というか、裏テーマはそれだったんじゃないかと妄想。

さて、次回は高橋秀樹扮する藤原秀衝登場。
ナイスミドル。
posted by 青年 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 「義経」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

「義経」第八話「決別」

えっとですね、まずですね。

再放送も最初の15分見逃しました(汗)
だって、歯医者が、歯医者が!

という訳で、途中から見始めたので、今回はいい加減です(を
あらすじはこちら


雑感なんですが、
だんだん"見られる"内容になってきた気がします。
中井貴一の頼朝がいい味出してるおかげで。
「私の国を眺めていただけです」とか政子に言うシーンでは、
「あぁ、大河ドラマになってくれた」と感動しました。

そんな気持ちで見てたら、あれですよ。
政子がよろけて、頼朝がさっと手を取って支えて、政子がポッ。
やりやがった。またやりやがったよ(;´Д`)
しかも、なんで政子、その瞬間だけ女の顔してんだよ。
や、要するに。
財前直見、頑張ってんなぁ、と。


で、ですね。
話の本筋としては、平家の目がますます厳しくなってきた為、遮那王は奥州行きを決意する訳ですよ。
で、お徳の計らいで、清盛と三十三間堂で再開するのです。

清盛「なぜ出家しなかった!?お前が生きるには出家以外なかったのだ!」
遮那王「清盛様に語って戴いたこの国の未来を見とうございました!」
   「その夢を別の場所で見つけとうございます」
清盛「夢を自分で見るには力がいるぞ」
「それと、いま一つ。私は平家、そなたは源氏。それを忘れるな!」

という感じでひと時の再開と別れとなるのですよ。
同じ夢を見ながら立場を違える親子。
この夢が先々での平家一門との関わり、頼朝との仲違いの理由って事になるんでしょうか。


で、その後は、常盤に別れを告げに一条邸へ。
そこで、常盤が自ら縫った着物を渡されるのです。

常盤 「出家となれば詮無き事と思えども、母が縫い上げました」
「牛若に着て戴きたく…」
遮那王「この場で着用しとうございます!」
常盤 「ならば母が手伝いましょう!」

お茶吹いた。
なんだこのノリ。


そんな感じで、遂に次回で元服して、義経を名乗るようですよ。
てか、いい加減この昼メロ路線から離れないのかなぁ…。
今までの大河ドラマもこんなもんでしたっけ?
posted by 青年 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 「義経」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

ご無沙汰しております。

更新ぱったり止まってしまいましたが。
先週末から、公私両方の事情で、
金沢→名古屋→浜松→金沢→名古屋
と激しく移動しまくりだったのです。
義経は、土曜の再放送を見てからにします。

で、何してたかというと、
浜松の知人宅に行っていたのです。
鍋したり、中田島砂丘見に行ったり。
砂丘萌えー!(*´д`*)ハァハァ
浜松にも砂丘があるのですよ。
ロケでちょくちょく使われる場所なのですよ。
黒田倫弘「life」のPVもここで撮影されたのですよ。
【マニアックな情報】

で、24〜26歳(♂)の一個小隊がはしゃいで浜辺を猛ダッシュ。
案の定、息切れ。
翌日、筋肉痛。
もう若くないんだね(´▽`*)アハハ

posted by 青年 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。