2004年09月29日

もっと言うと。

禅寺で買った安産祈願お守りを妊婦に渡す青年。

挙句、「安産じゃなかったらお前のせいだよな?」と責任を持たされる青年。
posted by 青年 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期末打ち上げ飲み会。

腕時計で照明の光を反射させてしまい、所長を眩しがらせる青年。
posted by 青年 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新庄モデル & メンヘル始めました(こうさぎ)

きょうは電話♪
きょうは入社した?
marchhareは、
Ray-Banのサングラスを衝動購入。
青年「これください」店員「あ、シンジョー?SHINJO?……新庄選手の事かーー!?」違う、たまたま掛けてみたらよかったか

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「うさぴょん」が書きました。
posted by 青年 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月27日

サラブレンドの良さについて

サラブレンド
というバンドを知ってますか?
僕は、今年の春先に、営業車の中のFMラジオで知りました。

「サラブレンドさんの歌って男の人の本音が出てますよねぇ」
「えぇ、すごく女々しいです(笑)」

みたいな会話をしてたのを聞いて、買いました。
アルバム「夕暮電車」。
聞いてみる。
歌詞を確かめてみる。

なんちゅうヘタレ男ぶりじゃぁ!

”想いが届かなくて辛いな、でも頑張らなきゃ!”
レベルじゃない。
”あの子がどう思ってても僕はずっとあの子を愛してる。それだけでいいんです。でもできれば愛してちょうだい”
ぐらいのヘタレ。
本音すぎるぞ、サラブレンド。
あぁそうさ好きさ大好きさ!

しかし、最近はこの手のヘタレ系の曲が多い気がしますな。
スキマスイッチとか。
サラブレンドは「純愛系ヘタレ」。
スキマスイッチは「変態系ヘタレ」。
スキマスイッチの「螺旋」なんて、”どうせフラれるんだったら中田氏しとけばよかった”て歌だぞ(最低)
それ知ったら、ヒットした「奏」だって純粋な気持じゃ聞けないんだぞ。
まぁお勧めです、はい。


posted by 青年 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

新庄モデル & メンヘル始めました

Ray-Banのサングラスを衝動購入。

青年「これください」
店員「あ、シンジョーモデルですね(ニヤリッ)」
青年「シンジョー?SHINJO?……新庄選手の事かーー!?」
違う、たまたま掛けてみたらよかったから買ったんだ。
新庄モデルだから買ったわけじゃなーいー!

新庄選手自体は決して嫌いじゃない。
大リーグでそこそこ活躍、お茶の間を沸かすも、早々と帰国・プロ野球に復帰。
TVで「大リーグなんてよっぽど才能無いと無理だよ無理、ハハハ!」と笑い飛ばした彼。
偉大だと思った。
マジで。


メンヘルカテゴリー作成しました。
元々イタい系の青年BLOGの中でも、本来は衆目に耐えない、けれども書いちゃった!みたいな恥部をここに突っ込む予定。
「痛いBLOGをさらせ」とかにさらすのは勘弁してください(汗)
posted by 青年 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月25日

大阪出没。

今日は大阪に出てみました。
早く家を出すぎてヒマなので漫喫から更新。
というか、家計簿つけたら交通費がやたら多そうな予感。

ぐぁ、会社から電話かかってきたッ!
※今日は有給とってきた。

posted by 青年 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

天下にあまねくダメ男を募る

最近、女性に夢が持てない(ヲィ
女性という生き物は、自分の人生を良くする事に非情なまでに貪欲であり、女の情というものは、自分に具体的利益を与えてくれる相手にのみ発揮されるものだ。

これを読んだ諸兄・諸姉は「非モテの戯言」と思われるだろう。
自分でもそう思う。
が、諸兄、倉田真由美の「だめんず・うぉ〜か〜」を一読されたい。
「だめんず・うぉ〜か〜」とは、甲斐性無しのダメ男ばかりに惹かれてしまい、ダメ男とばかり付き合ってしまう女性達の悲喜交々を描いた漫画である。
数年前にちょっとした話題になったからご存知の方も多いだろう。
知る人にとっては今更な作品だから、正直、得々と紹介するのは気恥ずかしい。
が、言わねばならぬ。
この作品で注目していただきたいのは、「だめんず・うぉ〜か〜」では無い。
その対極として描かれる、極めて現実的な女性達である。
彼女らは自分の人生を確固たるものとしてくれる男性を有意識もしくは無意識に、冷酷に選び取る。
作中で挙げられている一例を取ると、

有名企業のエリートサラリーマンを夫に持った女性。
その会社が経営破たんし、職探しを始める夫。
「昔のあなたはもっと輝いてたわ!」
といって夫と別れる女性。

愛情ってなんなんでしょうね。ぐぅ。
青年は見た目いい人そうなダメ男です。
嬢ちゃんは寄ってたかれ。
(書いてて女性に対する情熱がすげー萎えてきたので終わり)

posted by 青年 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

ホストが楽しむ金沢巡り

しゃべった!うさぎがしゃべった!
設定をいじった結果、見事にうさぎの野郎が記事投稿。

さて、昨晩から、金沢に襲来した友人の接待に追われておりました。
昨日は海鮮丼と温泉で上々になっていただけたのですが、問題は今日。
友人は、昨日、金沢城と兼六園を見てきたそうなんです。
最も時間が稼げて有名なスポットがクリア済み。
どこ行く、俺?
悩んでるうちに、お世辞にもキレイとは言い難い我が部屋を見て掃除したがりだす友人。
このままでは俺の素敵な堕落ルームがキレイにされてしまう・・・ッ!

と、外出したんですが、案の定当ても無く。
しゃぁねぇ、ダメモトで茶屋町に連れて行ってみよう。
と思って、主計町茶屋町・東茶屋町へと足を伸ばしました。

楽しいわ、おい。
建物は風情あるし、色んな土産物屋があって飽きないっす。
茶屋町つまんねぇつまんねぇと思ってたのは、平日の夜中にしか通った事がなかったからか!(ヲィ)
となると、自分のペースに任せて猛烈に巡り歩いてしまうお年頃。
めちゃくちゃ歩かせてしまいごめんなさいでした→友人

という事で、今まで「金沢する事ねぇよな」と思ってた・思わせてしまった皆様。
今一度、茶屋町で遊びにお越しください。






posted by 青年 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

勧酒(こうさぎ)

きょうmarchhareの、事前に外出しなかったー。
きょうは、marchhareの店が遠出すればよかった?
きょううさぴょんは、蕎麦は外出しなかったよ。


*このエントリは、こうさぎの「うさぴょん」が書きました。
posted by 青年 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月20日

「花神」読書中。

司馬遼太郎「花神」を、今更ながら、読んでいます。
目的と道具を繋げるのは技術なんだよなぁと改めて考えさせられながら。
これから下巻読みます。


posted by 青年 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

蕎麦ラリー始めました。

今週も遠出してしまいました。
今日は福井の永平寺で修行中の友人を訪ねてきました。
と言っても、修行中なので携帯電話はあまり使えないらしく、連絡付かないまま出発。
なんとかなろう、と突撃。
会えず。
拝観だけして帰ってきました。
「今日、永平寺来てた?」と友人がメールが来たのは帰宅後。
「受付で見かけて『もしかして…』と思ったんだけど」
なら、声かけてくれよ!
こっちからじゃ全員剃髪してて見分けにくいんだよ!
それにしても、しばらく会ってないとは言え、友人に「もしかして」程度で済まされるとは…。
そんなに老けたのか俺?(汗)

さて、タイトルの蕎麦ラリー(※1)です。
ここ最近、高速道を使わなくても200〜300km圏内なら日帰り+αで十分行ける事が体験的に分かってきたんです。
3,000円出せば、ドライブ+観光+温泉+美味いもんで上々気分になれるって事です。
となると、ですよ。
落ちる確率≠0%の女に10,000円前後つぎ込むより(※2)
漫喫で時間潰して2,000円払うより(※3)
戦国無双を3,000円で買うより(※4)
遥かに有意義で楽しいんじゃなかろうかという訳です。
で、どうせ行ったらここで感想書くんだからレビュー企画にしてしまいます。
どうせ温泉も毎回入るだろうから温泉レビューもやるかもしれません。
請うご期待。


※1
蕎麦ラリーという単語自体は案の定既出
まぁいいや。

※2
いわゆるプロ。薄い水割り飲みながらお話するトコ。
金沢は全国と比較して店側の年齢層が高いように思う。
色んな意味で若いうちから行くもんじゃないと思う。
でも付き合いで連れてかれる。

※3
昼飯食うのが目的の半分だったりする。

※4
猛将伝で大分改善されたという話だったので購入してみたが、キャラがキモすぎる
特に、女性キャラ・蘭丸・伊達政宗。
狙いがあからさますぎて萎える。
posted by 青年 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月14日

戦闘力の数値化=強さのインフレ

アミノサプリ
「売り上げbP!アミノ酸1,000mg!」

燃焼系アミノ式
「アミノ酸2倍!アミノ酸2,000r!」

アミノバリュー
「今日も体が軽い。BCAA2,000mg!」

もイチド
「もイチドペプチド。大豆ペプチド2,000mg!」

パワーエイド
「いいかお前ら、アミノ酸、まとめてドン。ペプチド4,000mg。」

ザ・ペプチド
「頭と体に速攻チャージ。大豆ペプチド8,000mg。」

フリーザ
「私の戦闘力は530,000です。」
posted by 青年 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月12日

ついでに平村にも行ってきた。

利賀村名産のまたたび酒「仙人」を呑みながらお届けしております。
嗜好品というよりは養命酒的な味。

さて。
タイトルどおり、利賀村へ行ったついでに合掌造り集落のある平村まで足を伸ばしてみました。
と言っても、利賀村と平村は10km程度の距離。
ちなみに、白川郷と並んで良く耳にする「五箇山」とは利賀村・平村・上平村のエリアの事を指すらしいです。
初めて知った。

で、日没までの1時間ほどを使って平村の合掌造り集落を歩いてみました。
小ぢんまりとした集落で、端から端まで15分くらい。
民宿や土産もの屋をやってる建屋が全体の半分ほどで、他は普通の民家です。
ぷらぷら歩いてるだけで落ち着きますわ。
ちょっと人口密度高いけど。
住民の生活ゾーンに観光客が入り込みすぎてるけど。
観光客と住民の生活の折り合いをどうつけていくかってトコのが煮詰まりきってない感じです。
お隣の白川村なんかは、観光と住民生活のエリアの切り分けがなんとなくできあがってるんですが。
僕たちに目もくれず畑で作物の手入れしてるお爺さんお婆さんを見ていると、どこか申し訳ない気分になってきました。
誠に勝手な話ながら。

とりあえず、見学料分くらいは買い物してくべか。
と妙な義務感で買った「仙人」と揚げかきもちで今日は呑んでおる訳なのです。
posted by 青年 at 21:25| Comment(4) | TrackBack(0) | ドライブ依存症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月11日

利賀村に行ってきた。

どこでどう間違ったのか、利賀村という所へ行ってきました。
「←芸術と文化の山郷 利賀村 左折」の看板にフラフラっと。
以下、今回訪れたスポット紹介。

飛翔の郷
道の資料館、利賀民俗館等が集まっていますが、ここの肝は「富永一朗とが漫画館」。
お笑い漫画道場でも有名な富永一朗先生が、講演で訪れた利賀村に感銘を受けて建設を決意した、との事。
色鉛筆で精緻に描かれた一コマ漫画を見て、「富永一朗っておっぱい好きなだけの人じゃなかったんだ!と感動できます。
ちなみに、館員のおばちゃんが熱く丁寧な説明をしてくれます(約2時間)
このおばちゃんが今回の行動予定を狂わせ、今回は利賀村一本にさせたと言っても過言ではない。
ありがとう、おばちゃん。

天竺の湯
内風呂、露天風呂、サウナがある温泉。
れっきとした温泉。
それぐらい。

そばの郷
「うまいもん館」で蕎麦食っただけです、はい。
が、ここの蕎麦、美味すぎる。
水が美味いから、蕎麦・ツユ・ワサビの全てが美味い。
この蕎麦の為に毎週通ってもいい!と思わされました。
実は小さい頃から蕎麦好きなのですが、蕎麦という食い物の美味さの限界を感じてたのでここの蕎麦には感謝したい気持です。

他にも「瞑想の郷」、「ソバ打ち体験」、「イワナの塩焼き」等、色々あったのですが今回はパス。
次回に期待です。

利賀村で感心したのは、住民と観光との関わり方。
この手の(町おこし的)観光地だと、観光ビジネスが日常生活から遊離している違和感みたいなものを感じてしまうのですが、利賀村は、その辺の、町おこしと生活の距離感が自然に感じました。
この点については後日思索を深めたいところ。

そんな青年的大ヒットの利賀村ですが。
普通、若者は来ないだろうなぁ……。
でも案内しろって言われたらしますよ!
金沢から車で1.5時間です。
posted by 青年 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ドライブ依存症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月09日

欲張りなウサギ連れて旅に出かけましょう

さて、何処に行こうかと地図を睨んで一思案。
一人でドライブなんだから運転が楽しい道が良い。
考えた挙句。
高速使わずに白川郷まで駆け上ってきます。

<楽しい道の条件>
1.クネクネしたワィンディングロードである
2.それなりにスピードを出せる区間もある
3.景色が良い。

さぁどうなる。
道が不安とかじゃなくて、白川郷に着いた後にさらに足をのばしそうな自分が不安。
寝袋持って行こう・・・(やる気まんまん)
posted by 青年 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月08日

道祖神の招きにあひて

徒歩だったり自転車だったり。
人力旅行者を見かける事が多くなりました。
何処まで行くのやら…うらやましい。
僕も学生時代はやってました。
経験から言わせてもらえば、ああ言う事する人間は、ナルシストです。
あるいは、マゾだったりします。
カタルシスを求めて辛い思いをするのが気持ち良いヤツらなのです。
気をつけろ。
縁あれば、1000円くらい渡してあげてください。
そういえば、岡山でもらった1000円はまだ返せていません。

そんな彼らを見ていたら、僕も少し遠出したくなる罠。
マイカーも車検から帰ってきた事だし。
で、どこ行こう。


posted by 青年 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月07日

24歳になった。

早いもので24歳、社会人1.5年生。
社会に出てから日の経つのが早く感じます。
僕は人として成長できているのでしょうか。
ハナハダ疑問です。

というわけで、ありきたりですが、性格診断。
「エゴグラム診断」で診断です。
結果
夢見る24歳。
言われずともズバリそのものなので反論もできません。
てか、才能が無かったらタダのおバカさんやないですか。

もう一個。
「恋愛頭脳」でも診断です。
結果
おぉ、ワリとマトモ…ん?
ちょっと騙されやすいお馬鹿さんなのかな、となめられています
ひぃぃ!


posted by 青年 at 22:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月06日

吐きそう…。

昨日からの地震、ゆらゆらして、酔った(汗)
うぇぇぇ、地震酔い。
地上6階で地震を迎えるのは初体験なのです。
すげぇゆれるぜ、ぼうず。


震度5が連続して来ると結構心配になりますな。
近畿・東海地方在住の方々、心配です。
posted by 青年 at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月05日

ゴーゴー名古屋

名古屋に行ってきたんですが。
色々衝撃を受けて帰ってきました。

1.交通無法地帯・名古屋
まず、路駐が多すぎ。
大通り・路地裏問わず、とにかく多い。
先が見えないカーブの途中とかでも平気で路駐。
左車線がそんな調子なので、右車線が渋滞します。
自然、車線変更も多いので事故多発。
事実、ベンツが事故って引っくり返っとりました。

2.美食不在地帯・名古屋
名物はあるんですよ。
味噌煮込みとか味噌カツとか名古屋コーチンとか。
でも全部味付け濃いです。
しょっぱい。
本当に美味しいと思ったのはひつまぶしくらいです。
でも、美味しい店はあります。
この沖縄料理屋「goya-baは美味しかったです。
アルコール度数60°の泡盛とか置いてあります。
店員の女の子が愛想無いのが唯一の欠点。
あそこまで愛想無いと、もう一回行きたくなりますね。

3.風俗最強地帯・名古屋
なんであんなに多いんでしょう。
オフィス街や駅の裏は全部風俗街ですよ。
もはや名物ですよ、あれは。

という事で、名古屋行った時は、この3つを体験してみると良いと思いますよ。
名古屋が独立国家に思えてきます。

posted by 青年 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月01日

さてもとりあえずウサギネタ。

右上でうだうだしているウサギが記事投稿したりコメント投稿したりできるように設定直してみました。
これで、人工無能とのやりとりで成り立つブログ完成。
素敵じゃぜ。
ちなみに、こいつには名前をつけたり背景を変えたりもできるのですよ。
「お前のウサギに名前をつけてやる」とか「お前のウサギと俺の鳥を同棲させたい」とか、そういうアレもすごくイイと思いますよ、はい。
posted by 青年 at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。